父 お手製の棚 -照明付タイプ-

今回は父のお手製の棚、第2弾「照明付タイプ」をご覧頂きたいと思います



前回初めてのイベントでは、父の「ひな壇タイプ」の棚と、
既製品の棚を使用しました。



ひな壇タイプ
ひな壇タイプ



既製品の棚は重く、大きさもあるので、運搬が大変でした
また、3段置けるのですが、下2段は光が当たらずちょっと暗い



そこで、父にまたしてもお願いしてしまったのです



注文は
幅・高さ等の大きさ
2段目に指定した照明を入れられること
観音開きにして、組立が楽なこと(当然工具は使用しない)
それぞれの棚の高さ調整ができる
などなど



注文が多いかなぁ
と思ったものの、こういったことが得意の父を信じ、完成を待ちました。



そして、完成を待つこと数か月。
思った以上のものが出来上がってきました



完成写真から
父-照明タイプ

こちらも、もちろん組立式です
分解すると



こんな感じ
父-照明タイプ

大きさはありますが、薄くなるので、
それ程場所は取りません。



さて、組み立ててみましょう



まず、扉を開きます。
父-照明タイプ




この扉部分に、品物を置く板をはめていきます。
父-照明タイプ

この板には、溝がついていて、一度はめるとぴったり
動きません



同じように3段はめ込んでいきます。
父-照明タイプ

この板も稼働式で、高さ調整ができるよう、ダボをつくってくれました
これで、大抵のものはこちらに乗せることができそうです



そして、ここがポイント
そうです照明です



照明器具を入れて、あかりを入れてみると
父-照明タイプ

うぉーーー
すっごくいい感じです



ここにグラスを置いてみました
父-照明タイプ

ちょっと幻想的な雰囲気もしたりして

夜、部屋の照明を落として撮影したので、
あかりが強調されているから。
 ですかね



中段のグラスのアップです
父-照明タイプ

ピンクのグラスは、より華やかに
ブルーのグラスは、綺麗な海をカメが気持ちよく泳いでいるみたい



この棚を2つつくってもらっています
並べて使えば、手前のスペースも有効活用できそう



想像以上のものをつくってくれた父に、またしても感謝です
すごいぞ 父。
ありがとう 父。



父の頑張りを無駄にしないよう、
私も頑張りまっす



ご意見ご要望をお聞かせください

★-★-★- 下のボタンをクリックしてね♪-★-★-★
★-★-★-ランキングの応援お願いします -★-★-★
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
みなさんの応援が励みになります
★-★-★-ご購入はこちらから-★-★-★
minneから
minne_ラベル
看板をクリックしてね
購入先のminneに移行します。
購入にはminneの会員登録が必要になります。

iichiから
iichi_ラベル
看板をクリックしてね
購入先のiichiに移行します。
購入にはiichiの会員登録が必要になります。

4 Comments

snow miy  

Re: No title

キラリン さま

こんばんは☆
全ぽちありがとうございます(*^o^*)

父は「大変なんだぞ」とか言いつつ、何だか楽しそうでもありました(^ω^)
歳も歳なので、無理を押してつくってくれたので、ほんと有り難いです。
大切にしたいと思います。

頑張るぞぉ!と気ばかりで、アタアタしてるのが現状ですが(**;)(;**)

まずは25日、父との二人の力作を見てもらえるよう、頑張ります(^3^)/

2014/10/21 (Tue) 21:10 | REPLY |   

キラリン  

No title

全て条件をクリアされたお父様凄いです!!
(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ~
素敵なお父様の大きな愛を感じますね。
グラスを置くと本当に綺麗だわ。
snow miyさんも力が湧いて来ますね。
頑張って下さいネ。
全ポチ

2014/10/21 (Tue) 20:54 | REPLY |   

snow miy  

Re: ありがとうございます!

mikan さま

いつも嬉しいコメントありがとうございます(*^^*)
イベントは1日だけ。時間も4時間半と決して長くはありません。
なので、前を通る方に少しでも足を止めて見てもらえたらなぁ。
と、目につくようなレイアウトをと考えたものです。
父がもの作りが好きでよかったです(^ω^)

まだまだ経験が浅いので、思うような結果にならないと思いますが、色々経験して、作品の技術もレイアウトも、レベルアップできたらと思っています♪

2014/10/19 (Sun) 21:09 | REPLY |   

mikan  

素晴らしい!!

素晴らしいコラボレーションですね!
どのような作品を作るかはもちろん大切だと思いますが、
それをどう見せるか、も大切ですよね。。。
素晴らしい親子共演に感動です!

2014/10/19 (Sun) 20:48 | REPLY |   

Post a comment