火事だ! (゚Д゚;)

深夜1時過ぎのこと。

けたたましいサイレンの音に目が覚めました。
そのサイレンはどんどん近づき、近所で鳴りやみました。


疑問に思いながらも眠さに勝てずベッドでゴソゴソしていたのですが人の声が聞こえてきました。

これはおかしい・・・

起き上がりカーテンを開けるとそこには・・・
近所の3階建ての家の向こう側で、その屋根をはるかに上回る高さの炎が立ち上っています。

火事



その距離は自宅から60~70メートルといったところ。

慌てて夫を起こしました。
最初は寝ぼけていた夫ですが、激しい炎を見て飛び起き「見て来る」と。
風向きによってはもらい火をする可能性もあると心配したようです。

ガラス越しでもパチパチという音が聞こえてきます。
ときには何かが破裂するようなパンッという音も。

まだ消防車は来たばかりのようです。
(私が目覚めたサイレンを鳴らして来た消防車だけ)
消防員が走ってホースを準備しています。

その間にも炎は勢いを増すいっぽう。

「お願い!早く消して!」
心の中で叫んでいました。

少なかった消防車がどんどんと集まってきました。

消防車



ようやく消火活動が始まったのか炎に交じって白い煙のようなものが見えてきました。
きっと放水によって立ち上る水蒸気なのでしょう。

住民の方の安否が気になります。
「どうか無事でありますように・・・」

消火活動が始まっても火の勢いはそのまま。
その活動も空しく大きな音を立てて何かが崩れ落ちる音がしました。
屋根が崩れてしまったのかもしれません。

火元になったお宅は全焼は間違いないと思われます。
近所に燃え移ることがないように願うばかりです・・・

気が付くと付近には20台近くの消防車と数台のパトカーが到着していました。
道路も封鎖されています。
近所の人たちでしょう、沢山のひとたちが野次馬で集まっていました。
中にはスマホを片手に見に来ている人も。

少し心が痛みました。
火事にあってしまったお宅の方々の心情を思うと、とてもシャッターを切る気になれないからです。
誰が自宅が燃えているところを映像に残したいと思うでしょうか。



1時間ほどしてようやく炎の勢いが治まってきました。

もう大丈夫だろうとベッドに入ったのですが、なかなか寝付けません。
やはり気になりベランダの窓から見てみると、なんと治まっていたはずのオレンジ色の炎の明かりが!

それに煙の上がっている場所が少し違うのです。

懸念していた隣の家にも燃え移ってしまったようです。
「なんということ!」
どうかこれ以上炎が広がりませんように。
そう願いながら眠りについたのは3時半頃でしょうか。



7時に目が覚め外を見るとまだ数台の消防車が残っていました。
消防の情報によると7時30分ころ鎮火したとのこと。

規制線が引かれ警察や消防の人たちが調査しています。



出火原因や安否などはわかっていません。
原因がなんであれ、火事は本当に怖いものだと思い知りました。
12時30分ころ出火し、鎮火したのは翌朝7時30分。(消防の情報)
7時間も燃え続けるのです。

そう簡単には火は消えないということ。





ここ最近は家電の使い方を間違えての失火が増えているようです。
これから寒くなるので「火」を使うことも増えるでしょう。



どうかみなさま、家電の間違った使い方や火の取り扱いには十分に気を付けてくださいね。
火事は本当に怖いです。



ご意見ご要望をお聞かせください

★-★-★- 下のボタンをクリックしてね♪-★-★-★
★-★-★-ランキングの応援お願いします -★-★-★
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
みなさんの応援が励みになります
★-★-★-ご購入はこちらから-★-★-★
minneから
minne_ラベル
看板をクリックしてね
購入先のminneに移行します。
購入にはminneの会員登録が必要になります。

iichiから
iichi_ラベル
看板をクリックしてね
購入先のiichiに移行します。
購入にはiichiの会員登録が必要になります。

6 Comments

pace  

Re: おはようございます!

ダリルジョン さま

こんばんは。コメントありがとうございます(^-^)

新婚当時に同じような経験されたんですね。
入浴中とは!
しかも30mの近さなんて、そうとう慌てちゃいますよね。
火元になったお宅は全焼だったのでしょうか…。
ダリルジョンさんのおうちは被害はなかったのですか。
火の粉が飛んできていたなんて…。
怖いですね。

「自分は大丈夫」とつい思ってしまいますが、そうなってからでは遅いですからね。
十分気を付けたいですね。

またのご訪問お待ちしています(^-^)🎵

2019/12/05 (Thu) 18:40 | REPLY |   

ダリルジョン  

おはようございます!

それは、驚きでしたね、
何もかも、灰にしてしまう、「火事」
今までの想い出のものから、場所までも
持って行ってしまう。

本当に怖いですよね。

私が新婚生活をし始めた時、この事件と全く同じようなことがありました、
私が帰宅して、すぐに入浴していた時、
何やら、窓の外が、オレンジ色に光っているではないか、
窓を開けるとそこは、燃え盛る民家、マンションの駐車場の向こう側、
30Ⅿ位先の家が燃えている、火の粉がこちらの建物にも飛んできている。
慌てて着替えて、現場近くへ、その後は今回のpaceさんと同じような運び、
目の前が火事なんて、ホントビビりますよね!

朝には、びっしょりと濡れた灰が、焼け焦げた異臭と黒光りの瓦礫、、、

何も残さない、、、、

これからの季節、
朝、家を出るのが最後になるうちの息子にも、
お互い気を付けようと、改めて伝えておこうっと。

引き締めていきましょう!!

また来ます、ではでは~!

2019/12/05 (Thu) 04:53 | REPLY |   

pace  

Re: タイトルなし

あんこ さま

こんばんは。コメントありがとうございます。

火事のニュース、多くなりましたね。
乾燥する季節になったからでしょうか。
これまでTVでニュースを見てもどこか「他人事」のような気持ちでみていましたが、間近で火災があると考え方がかわりますね。
自分だけではなく、ご近所方の人生や生活までも変えてしまいかねないですから…。

日頃から、火の元には気を付けようと思います。

2019/12/04 (Wed) 18:52 | REPLY |   

あんこ  

最近 ニュースでも火事のニュースをよく見ます。

その度に「この年末に家を無くしたら途方に暮れるね」って夫と話しています。

本当にシャッターをきるなんてなんて出来ないですよね。

でも そんなに近くなら風向きによっては延伸ってこともあるので 火の元には気を付けた

いですね。

2019/12/04 (Wed) 16:04 | REPLY |   

pace  

Re: タイトルなし

ami さま

こんばんは。
コメントありがとうございます(^-^)

オーストラリアの山火事はこちら日本でも度々ニュースで取り上げられています。
建物、全焼でしたか…。でも人災がなかったのは不幸中の幸いでしたね。
今回の火災は朝のニュースでやっていました。
残念ながらご主人(68才だったと思います)が亡くなってしまったようです。ご家族も全身打撲や火傷で重軽傷をおったとのことです。

天災は仕方ありませんが、気を付ければ防げることは普段から注意したいものですね。

2019/12/02 (Mon) 20:06 | REPLY |   

ami  

こんばんは。
いつもお邪魔しています。
火事は本当に怖いですよね。
ここオーストラリアでは山火事が止まりません。
先月は、主人の勤める会社が入っている奥に長い建物も火事にあい、
ほとんど全焼でしたが、人災の被害がなかったのが幸いでした。
この火事でも人災がなかった事を祈ります。

2019/12/02 (Mon) 19:06 | REPLY |   

Post a comment